薄毛で頭皮がてかる原因と対策法

薄毛で頭皮がてかる原因と対策法

薄毛でてかる頭皮が目立つ原因は「皮脂の過剰分泌」です。「皮脂の過剰分泌」とは過剰に分泌される男性ホルモンの影響を受けて、皮脂腺が刺激されて地肌から過剰に皮脂が出る状態です。

 

 

しかし、気にしすぎる必要はないというケースもよくあります。「太陽や室内灯などの光の入射角によって、地肌がてかって見えるのでハゲに見える」という場合です。

 

要するに、ある角度から見たらちょっとハゲているように見えるというケースですね。これはよくありますから、薄毛に悩むよりも予防の意味でこちらをチェックしてみてください。

 

 

男性ホルモンの影響が強く出すぎている方は、すぐに頭のテカリ抑え対策をとりましょう。とくに重視されるのは以下の点です。

 

ストレスを抑える

亜鉛は毛髪の構成に必要なタンパク質を作るのに必要です。でも、ストレスを受けると体内で活性酸素がつくられ、それを分解するために亜鉛が使われ、髪の毛に栄養がまわらなくなります。

 

睡眠時間をしっかり

髪の毛を成長させる役割を持つ「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されます。夜更かしはハゲのもとです。

 

食生活改善

脂の多い食事は地肌からの皮脂の分泌量を増やします。これがきっかけで脂漏性脱毛症になると、抜け毛が増えて血行不良になるので頭皮がかたくなります。さらに髪の毛の生成に必要な酸素や養分が届けられなくなるので脱毛が進行します。

 

抜け毛、薄毛に緑茶のパワーを活かす

 

 

上記の3つすべてに時間をかけて対処すればいいのですが、すぐに全部できないという場合もありますよね。また、なにからはじめたらいいのかわからないというときのために、手軽にはじめられる対策を解説します。

 

それは「緑茶」を上手に摂取して、身体の内側から改善することです。緑茶にはハゲや抜け毛に有効な働きがあるからなんですね。

 

中性脂肪の値を下げてくれる!

 

 

緑茶は中性脂肪の値を下げる働きがあります。市販されているペットボトルの緑茶でも濃いめ、濃い味と宣伝しているものの方がカテキンが多く含まれているので、濃いものを選びましょう。

 

睡眠時間改善のためにカフェイン調整を

 

 

個人差はありますが、カフェインを1日250mg以上とると夜中に目が覚める回数が多くなります。ドリップコーヒー1杯で135mgですから、約2杯でオーバーの計算に。寝付きが悪い人はカフェイン少なめの緑茶(1杯に30mg)を。

 

抹茶(粉末)で亜鉛を6.3 mg摂取

煮出して飲む煎茶(茶葉)ではほとんど含まれていませんが、抹茶(粉末)なら亜鉛を6.3 mg摂取できます。スイーツ好きな方は抹茶入りもいいですね。

 

緑茶を上手に摂取して、生活習慣の改善にぜひ役立ててくださいね。

 

頭てかてかTOPへ▲